私の外国語挫折日記

さまざまな外国語への挑戦と旅の記録です


スポンサーリンク

ロシア語

「日常会話レベル」という表現に困惑

得意な外国語を会社に申告 この春から職場が変わり、また新たな人事制度を経験することになった。 現在の勤務先では人事評価の前提としてはじめに「自己申告」を行い、目標を定めた上で一定期間後の達成度合いによって評価が決定するらしい。 そんなわけで「…

旧ソ連式の地下鉄に乗ってきた

雰囲気が似ている旧ソ連各国の地下鉄 ジョージア、アゼルバイジャン、カザフスタンと旧ソ連の国を旅している間、地下鉄に乗る機会があった。 旧共産圏の地下鉄は核シェルターを兼ねていたこともあり地中深くに駅のホームが作られていて、日本の地下鉄と大き…

ブタをめぐる冒険 アゼルバイジャン・バクー1日旅行

アゼルバイジャン弾丸旅行へ行ってみた ジョージアのトビリシに滞在している間、1日だけ隣国アゼルバイジャンの首都バクーにも行ってきた。 わずか1日の滞在なのでバクーの主要な場所しか行くことができなかったが、満足な旅であった。 行き方については先…

ナザルバエフが増えた?アルマトイ1日散歩

15年ぶりのカザフスタン ジョージアのトビリシから次の目的地・北京行きの航空券は、カザフスタンのアルマトイ経由の日程になっていた。 アルマトイには早朝6時ごろ到着、夜10時過ぎに出発なので、日中はアルマトイを散歩することにした。 カザフスタンを訪…

悪趣味の極み?スターリン博物館に行ってきた

ジョージアが生んだ英雄? 世界史などでおなじみの第二次世界大戦時の旧ソ連最高指導者スターリン。 実は本名はイオセブ・ベサリオニス・ゼ・ジュガシヴィリといってジョージア人である。 かつては至る所に銅像が建てられていたらしいが、粛清や強制移住など…

発音が難しい古都ムツヘタ(Mtskheta)へ日帰り旅行

世界遺産の古都ムツヘタに日帰り旅行 ジョージアに来たならば誰もが行くであろう世界遺産の街ムツヘタに行くことにした。 ムツヘタは首都トビリシから車で30分くらいの距離にある。 トビリシからは地下鉄のディドゥベ(Didube)駅前からマルシュルートカ(ミ…

不思議な文字の国ジョージア(グルジア)を旅した

欧州最後の秘境? スペインからアテネ経由でジョージアの首都トビリシに到着した。 6日間滞在する予定で、いろいろな場所を観光しようと思っていたが、これまでの無理な移動の影響で疲労が溜まっていたので、トビリシの宿に5泊することにした。 これでしば…

挫折日記その12 カザフ語

草原の国カザフスタン 2004年ごろにカザフスタンで数カ月ロシア語を勉強していた。 理由は学費が安かったから。 中央アジアにも興味があったのでロシアに行くよりも魅力的だった。 外国人寮に住んでいたので日本語を使う機会も限られ、ロシア語力は短い間で…

ニヤゾフ時代のトルクメニスタン旅行の記憶【中央アジア独裁国家紀行1】

魅惑の中央アジア 私がこれまで渡航した約30か国の中で、9割5分以上の日本人が行かないであろう国が2か国ある。 ひとつがトルクメニスタンで、もうひとつがタジキスタンだ。

【入門書10冊を比較】独学でロシア語の学習をはじめるならどの教科書を選ぶべきか

初心者にはどの本が最適なのか ロシア語をはじめて学ぼうとする人にどの教科書をおすすめしたらいいか。 そういう観点で自宅にある学習書をあらためて読み返してみたり、本屋や図書館に行って自分が持っていない入門書で何か良さそうなものはないかと探して…

【読書日記】黒田龍之助『ロシア語だけの青春 ミールに通った日々』 ー 語学上達の秘訣を探る

娯楽として読むつもりが フリーのロシア語講師として数々の著書で知られる黒田さんの最新作(当時)を読んでみた。 この人の本は昔からよく読んでいて、基本的には何か新しい知識を得るためというよりは、娯楽として楽しむものであるという認識だった。 今回…

ピオネールとコムソモール

ソビエト社会を知るために 「ロシヤ語四週間」を読んでいると新出単語の意味がまったくわからないことがある。 出版当時の読者はわかるという前提で書かれたならば、それはおそらくソビエト時代の共産主義に関する単語だろうという推測ができる。 пионер ピ…

「オホーツク」の語源はロシア語か

オホーツク海とロシア 網走あたりでは流氷が近づく季節になってきた。 ところでそんな流氷を見られる日本の海はオホーツク海だが、「オホーツク」とはなんだろう。 昔、そんなことを思いながら世界地図をみていると、あっさりロシア側のオホーツク海沿岸に「…

【リベンジ】ロシヤ語四週間 その4

完了体と不完了体 2月になり「ロシヤ語四週間」を再開して一か月半が経過しようとしている。 格変化には相当慣れてきたので、今は完了体と不完了体の区別について集中的に勉強している。

「オーケストラ!」 映画鑑賞でロシア語力強化?

ロシア語の映画を求めて ロシア語の格変化にも慣れてきたので、何か映画でも見てロシアの雰囲気を味わってみようと思った。 私はAmazonプライム会員なので、無料で見れる映画があることをふと思い出し、ロシア語の映画がないか探してみた。 とはいえロシアの…

【リベンジ】ロシヤ語四週間 その3

仮説「ロシヤ語四カ月」 ロシヤ語四週間を再開してからまもなく1か月が経過しようとしている。 タイトル通りなら既に終了する頃ではあるが、じっくりと取り組んでいるので、まだまだ先は長い。

プーチンカレンダーを買ってみた

魔がさして 先日、お店で販売していたプーチン大統領のカレンダーを購入してしまった。 税込1080円の卓上カレンダーだ。

【リベンジ】ロシヤ語四週間 その2

再開から約2週間での進捗状況 ロシヤ語四週間の学習再開からまもなく2週間が経過しようとしている。 年越しそば作りやら帰省やらで何かとやることはあったが、ロシア語の学習時間は確保してきた。 その甲斐あってかロシヤ語四週間での5日分進むことができ…

【リベンジ】ロシヤ語四週間 その1

もう一度チャレンジすることに 今年、挫折したレトロな語学書「ロシヤ語四週間」に再チャレンジすることにした。 理由は、ロシア語を勉強し続けているが、どうしても文法的に見についていないと感じること、また作文力が不十分で話すときもスムーズに言葉が…

韓国・ソウルの中の中央アジア

ソウル市内にある中央アジア人街 韓国へ旅をしてきた。 韓国語は少し勉強したことがあって文字は読めるし、発音から漢字をイメージしてだいたい何書いているかわかるので、とても楽だ。 もう4回目の渡航になるので大分慣れてしまったこともあるのだろう。 楽…

東京のロシア語書籍専門店「ナウカ・ジャパン」に行ってきた

ロシア語の書籍を求めて 先日、東京に用事があったので神保町にあるナウカ・ジャパンというロシア語専門の書店に行ってみた。 国内ではなかなかロシア語の書籍は手に入らないので、こういうお店はありがたい。 看板にもキリル文字が書かれている。

プーチン大統領とGDPの意外な関係 経済ロシア語の勉強法

経済用語のお勉強 市販されているロシア語の教材は日常会話や文学を題材としたものが多い。 古い教材だと共産主義用語も学ぶことができる。 だが、冷戦後のロシア経済の発展にもかかわらず、現代の経済用語を学べる教材は非常に少ない。 そこでネイティブの…

ロシヤ語四週間 その後

四週間シリーズの限界 ロシヤ語四週間に挑んでいましたが、ここ2か月ほどページを開いてもいません。 ロシア語を挫折したのではなく、この本を挫折しました。 今はネイティブの方に週一回くらいのペースでロシア語を教えてもらっています。 「四週間」を続け…

ロシヤ語四週間 第二週 第三日

定動詞と不定動詞、名詞の生格 第二週目の三日目ですが、相当時間がかかっています。 この課ではロシア語では必ず覚えておかなければいけない、定動詞と不定動詞の違いについて解説がされています。 その他にも「行く」という表現の3通りの方法や、練習問題…

ロシヤ語四週間 第二週 第二日

動詞の過去形・未来形 名詞の対格 この課の内容はほとんど把握している内容だったので、時間をかけずに終了しました。 動詞の過去形・未来形、любитьなど唇音変化する動詞、名詞の対格といったロシア語を勉強していればよく使うもので変化も比較的やさしいも…

ロシヤ語四週間 第二週 第一日

ついに格変化が登場 ようやく第二週に入りました。 最近は他の教材に手を出したりして進捗状況が今一つですが、並行してなんとかやりきりたいと思っています。 第一日は格変化が登場しました。 ロシア語を学習するにあたり避けては通れない文法の基本です。

ロシア語キーボード配列表を作成しました

PCでお勉強 ロシア語を勉強していくうちに手書きだけではなく、PCで単語帳やメモなどを作って学習する機会が増えました。 スマホで入力するときはキーボードが表示されるのでわかりやすいですが、PCではどこを押すとどの文字が表示されるのかわからな…

ロシヤ語四週間 第一週 第七日

形容詞の短語尾、述語的副詞など 久々に学習を再開。 しかしこの課はそれほど難しくなかったのですぐ終わりました。 出てきた内容が、以前学習して覚えていたものだったので、かなり楽に感じました。 初学者ならよく使う形容詞がいくつか出てくるので覚える…

ロシヤ語四週間 第一週 第六日

形容詞とやたら多い練習問題 ついに学習をはじめて六日目に突入しました。 今回の学習内容は「形容詞的代名詞と形容詞」です。 ロシア語には男性名詞、女性名詞、中性名詞がありますが、形容詞はそれらに合わせて変化します。 頭ではわかっていても、この変…

ロシヤ語四週間 第一週 第五日

同志ではなく動詞が出てきた ロシヤ語を愛するтоварищ(同志)のみなさん、ついに五日目に突入しました。 この章から動詞が出てきて、難易度が少し上がった感じがあります。 とはいえ、動詞と命令法だけですので、基本的な動詞の活用さえ覚えていれば苦にな…