私の外国語挫折日記

さまざまな外国語に挑戦した記録です


スポンサーリンク

中央アジア

トルクメン絨毯を買った思い出

旅の思い出のペルシャ絨毯 一般的にイランとかトルコを旅していると、絨毯を売りつけられそうになる。 相場を知らずに買うのは無謀だし、当初はそれほどに興味もなかったので私は絨毯を買うことは考えていなかった。 しかし、学生時代イラン旅行をしたときに…

「タジク語入門」から想像する現代タジキスタン社会

麻薬密売ルート上にあるらしいタジキスタン タジク語をやっていると、タジキスタンに行ってみたくなる。 前に1回行ったことはあるが、当時はタジク語を知らなかったので、できればもう一度行って学習の成果を試してみたいものだ。 とはいえ、治安面で周りに…

「タジク語入門」 学習1か月目

「タジク語入門」学習状況 今月、特に目的もなく始めたタジク語学習が面白い。 別の試験があったので抑え気味の学習であったが、購入した「タジク語入門」は全59課のうち、21課まで進んだ(とはいっても内容を完全には理解していない)。 短期間でここまでで…

謎の写真集を買った タジキスタン旅行【中央アジア独裁国家紀行2】

特に目的もなくタジキスタン行ってしまった 2004年冬、カザフスタンに行ったついでに中央アジア諸国を旅したいと思った。 トルクメニスタンは執念でトランジットビザを取得し入国できることになっていたが、もう一つ気になる国があった。 それがタジキスタン…

【家庭で作る世界の料理】中央アジアの炊き込みご飯 プロフ

中央アジア料理と言えば カザフスタン、ウズベキスタン、そして新疆ウイグル自治区などを旅したときに必ず食べていたもの。 それがプロフ(ウイグルではポロ)である。 ラグマン(またはラグメン)と並んで私の最も好きな中央アジア料理なので、自然と自宅で…

挫折日記その12 カザフ語

草原の国カザフスタン 2004年ごろにカザフスタンで数カ月ロシア語を勉強していた。 理由は学費が安かったから。 中央アジアにも興味があったのでロシアに行くよりも魅力的だった。 外国人寮に住んでいたので日本語を使う機会も限られ、ロシア語力は短い間で…

「トジキストン」って何? 相手に伝わらない地名入門

新たな発見 タジク語を勉強していると、あることに気がついた。 タジキスタンという国名がタジク語表記ではтоҷикистонで、「トジキストン」と発音するのだ。 国名の呼び方は、その国の中と外で異なる例はよくあることだ。 近隣のキルギスは、「クルグズスタ…

タジク語はじめました

自宅に眠ったままの書籍を活かすために 突然だが、タジク語を勉強してみることにした。 タジク語は中央アジアにあるタジキスタン共和国の公用語だ。 隣のアフガニスタンや、ウズベキスタンでも話者がそこそこいるようだ。 ブハラ、サマルカンドといったウズ…

ニヤゾフ時代のトルクメニスタン旅行の記憶【中央アジア独裁国家紀行1】

魅惑の中央アジア 私がこれまで渡航した約30か国の中で、9割5分以上の日本人が行かないであろう国が2か国ある。 ひとつがトルクメニスタンで、もうひとつがタジキスタンだ。

ウズベク語を学習する方法を検討してみた

中央アジアの大国ウズベキスタンの言語 昔からの中央アジアファンの私は、ウズベキスタンはもちろん、カザフスタン、タジキスタン、トルクメニスタンへの渡航歴がある。 その中でも、サマルカンドのレギスタン広場やブハラの旧市街など観光資源が豊富なウズ…

韓国・ソウルの中の中央アジア

ソウル市内にある中央アジア人街 韓国へ旅をしてきた。 韓国語は少し勉強したことがあって文字は読めるし、発音から漢字をイメージしてだいたい何書いているかわかるので、とても楽だ。 もう4回目の渡航になるので大分慣れてしまったこともあるのだろう。 楽…