私の外国語挫折日記

さまざまな外国語に挑戦した記録です


スポンサーリンク

札幌のウイグル料理店「砂漠民」に行ってみた

珍しい外国料理の店

先日、偶然見つけたウイグル料理の店「砂漠民」に行ってみることにした。

札幌に外国料理の店はそこそこあるが、ウイグル料理は今までなかった。

どうやら最近オープンしたらしい。

まだ情報も少ないので、どんな料理があるのか楽しみだ。

 

f:id:sultanofnopporo:20181028205644j:image

中国語のメニュー表

入ってみると、全部で10席前後のこじんまりとした店だった。

店主はどうやらウイグル人のようで、店内ではウイグル語や中国語が飛び交っている。

メニュー表は中国語だが写真付きなのでどんなものかは見ればわかる。

今回は店員さんおすすめのポロ(炊き込みご飯)と羊の串焼きを頼んでみることにした。

 f:id:sultanofnopporo:20181028205653j:image

なつかしいウイグルの味

出てきたポロは脂っこくなく、食べやすかった。

スパイスが効いていて非常に美味しい。

羊の串焼きもクミンの香りがしてとても美味しそうだ。

実際食べてみると、現地で食べたものとほとんど変わらない。

f:id:sultanofnopporo:20181028205711j:image

既に常連となっていた隣のテーブルのお客さんが言うには、ポロは毎日出しているわけではないとのことだ。

仕込みに時間がかかるので、今日来たのはラッキーだと言われた。

ということは、別のメニューが出ている日もありそうなので、また行ってみようと思う。

個人的には「大盆鶏」が気になるところ。

 

今度行くときは、ウイグル語を勉強して店員さんに試してみるのもいいかもしれない。