私の外国語挫折日記

さまざまな外国語に挑戦した記録です


スポンサーリンク

インドネシア語の辞書についていた読者アンケートに答えてみた

意外と狙い目なのか?語学書の読者アンケート

インドネシア語を学ぼうと思い、最近購入した「プログレッシブ インドネシア語辞典」。

その後、タジク語にハマってしまい全く活用されていない。

それでも、ペラペラめくって読んだりすることはある。

 

購入して間もなく、読者アンケートがついていることに気が付いた。

普段、懸賞などに応募することはないが、軽い気持ちで案内に書いてあったWebアンケートに答えてみようと考えた。

もしかしたら何か当選するかもしれない。

 

懸賞の応募に熱心なのは、専業主婦や暇そうで娯楽誌とか読んでそうな層なんかがイメージできる。

だから、そういう人たちが読んでそうな雑誌、買っていそうな商品の懸賞はそうそう当たらない。

逆に語学書(特に英語や韓国語以外)を買うような人たちは概ね教養のある高尚な方であろうから、懸賞の有無なんてをいちいち気にしない可能性が高い。

応募する人はごく僅かであろう。

マカオのカジノで800円程度勝ったギャンブラーな私は、頭の中でこのように分析し、Webアンケートに応募した。

 

そして500円分の図書カードが当たった。

そういえば以前も英語学習の月刊誌「CNN English Express」の懸賞に応募して、金融英語についての書籍(ほとんど読んでいない)が当選したことがあった。

やはり語学書関連の懸賞は当選確率が高いのかもしれないので、今後は見つけ次第応募することにしようと思う。

f:id:sultanofnopporo:20181015234230j:image