私の外国語挫折日記

さまざまな外国語に挑戦した記録です


スポンサーリンク

インドネシア旅行を控えて

実践会話重視の学習 

ついにインドネシア渡航まで一週間を切った。

ひたすら文法書を読みながら勉強していたが、音声教材を使っていなかったので、発音面に不安が残る。

そこで、近所の図書館で音声教材を探すことにした。

見つけたのはNHKが10年以上前に放送した「アジア語楽紀行」のインドネシア版だ。

今日は図書館の語学学習ブースにこもってこれを視聴することにした。

内容は全部で1時間もないが、旅行で使う表現は一通り押さえているので、出てきた表現をひたすらメモした。

主役のバリ島の伝統的な舞踏のダンサーの女性が、両替をしたり、レストランに行ったり、マッサージを受けたりして、基本的なインドネシア語を紹介していくというものだ。

私は、今回の旅行ではバリ島に行けないので、バリの雰囲気を味わえたのも良かった。

機会があればバリ島にも行ってみたいという気になった。

 

文法を勉強した成果

このDVDを視聴して感じたのは、ある程度文法を勉強しておいてよかったということだ。

出てくる表現は簡単なものばかりで、少し勉強していれば理解できるし、自分でも応用できそうなものばかりだった。

学習開始から1か月も経過していないでこれだけわかる言語もそうはないだろう。

インドネシア語の文法は初心者にとってわかりやすく、それほど努力しなくても理解できるので、もしインドネシア旅行を考えている人がいたら、「文法書をかじって、このDVDを視聴する」という学習方法はおすすめできる。

 

復習も大事

とはいえ、視聴してなにもしないと忘れていくのが目に見えているので、メモした内容をスキマ時間に見返して、暗記していこうと思う。

さっそく、単語帳にDVDで出てきた表現を書いて見直しているが、映像での記憶が残っているので、何となく定着率が高いような気もする。

旅行までにスムーズに話せるよう、毎日復習をしていくつもりだ。